【2018.8.1】介護リフォームで失敗しないために

はじめての介護リフォームを考えて入るものの、実際に施工をして失敗しないか心配なところです。

今回は、過去に失敗した方の事例などを紹介しながら、介護リフォームをすすめるポイントをご紹介します。

1.介護リフォームは、”備え”ではなく、”今”必要な箇所をリフォームする!

介護者の身体の状態は、十人十色です。車椅子の状態なのか、歩行は出来るのか、などによっても必要なリフォームは大きく異なります。元気なうちにリフォームをしては全く意味がありません。

 

例えば、過去にこのような経験をされた方がいます。

 

<事例1:手すり>

父が元気で歩けるうちに、廊下の右側に手すりをつけました。その後、脳梗塞で右半身不随になってしまいました。左側に手すりをつければ良かったと後悔しています。

 

<事例2:スロープ>

玄関スロープの工事をしました。当初杖をついての歩行だったので、問題なかったのですが、その後車椅子に。スロープの幅が狭く、車椅子でスロープを利用できず、外出が億劫になりました。


今後のことも考えて介護リフォームについて考えたり情報収集することはとてもいいことではありますが、慌てて工事を依頼してしまっては、上記のように後悔することになります。

2.悪徳リフォーム業者にご注意を。見積もりは必ず確認を!

高齢者を狙った訪問販売によるリフォーム被害が問題になっています。見積書や契約書をかわさず、口約束で工事を始め、ずさんな工事をする被害が多く報告されています。

リフォームをする際は、しっかりと見積もりをとり、内容をしっかり確認して下さい。

どのような材料で、どのような工事をするのか、しっかり丁寧に説明してくれる、安心信頼できる業者を選びましょう。

石黒工務店では、お施主様のご家族や被介護者のご状況をしっかりヒアリングし、お客様にとって最適な介護リフォームプランをご提案致します。

ぜひ一度、気軽にお問い合わせ下さいませ。

-石黒工務店へのご相談・お問い合わせは下記へ-

-リフォーム優待券プレゼント!-

-石黒工務店はアフターフォローも充実!-


-よくある質問を公開中!-

-豆知識ブログを公開中!-


株式会社石黒工務店 TEL:0120-803-804

お問い合わせ・無料見積もり依頼はこちら

施工対応エリア
PAGETOP
Cookie ポリシー
Copyright © 株式会社石黒工務店 All Rights Reserved.