【2018.5.31】浴室の介護リフォームを行うポイントと種類

自宅介護中の事故が起きやすい場所の一つに、”お風呂場”は上位に上がります。お風呂場の問題からリフォームの種類をご紹介いたします。

●浴室の4つの問題点

 

《滑る・せまい・またげない・寒い》

・滑りやすい

 床や壁が水に濡れるお風呂場は、滑りやすく高齢者には怖い場所になります。

 

・せまい

 脱衣所からお風呂場までの導線に十分なスペースが取れないと、車いすでの移動や、介護者が抱えての移動が困難になります。

 

・またげない

 湯船へ入るときの高さは、高齢者にとっては非常に大きな障害になります。

 

・寒い

 冬場、暖房の効いたリビングに比べ、脱衣所や浴室内は温度が低くなります。そこで、ヒートショックの危険が高まります。

 

●浴室リフォームの種類

・滑りにくい床材への交換

 水はけがよく、滑りにくい床材への交換。浴槽内にも滑り止めマットをひくと効果的です。

 

・移動スペースの確保

 脱衣所や浴室、浴槽自体も広くすることで介助がしやすくなります。

 出入りする扉も引き戸タイプにすれば広さを確保でき、段差も無くすことができます。

 

・手すりの設置

 脱衣所から浴室、浴槽への出入り時など、滑り止めのついた手すりを設置しましょう!

 

・リフトの設置

介護者の負担軽減のためにも、浴槽内への出入りのためのリフトを設置します。

 

・浴室暖房

 天井に埋込み式の浴室暖房乾燥機を設置すると、短時間で浴室内を温かくでき、寒い冬の時期でも安心して入浴ができます。また、乾燥機能でカビ防止や洗濯物を干すことも可能です。


自宅介護でのお風呂は非常に重労働で危険も伴います。石黒工務店は家族みんなが安心できるリフォームをお手伝いします!

-石黒工務店へのご相談・お問い合わせは下記へ-

-リフォーム優待券プレゼント!-

-石黒工務店はアフターフォローも充実!-


-よくある質問を公開中!-

-豆知識ブログを公開中!-


株式会社石黒工務店 TEL:0120-803-804

お問い合わせ・無料見積もり依頼はこちら

施工対応エリア
PAGETOP
Cookie ポリシー
Copyright © 株式会社石黒工務店 All Rights Reserved.